その眼差しの彼方まで

アイドルと日記

You & I―SixTONESがおくる、「わたし」たちへのラブソング

昨日、6月27日にらじらー!で解禁されたNAVIGATORのカップリング「You & I」と「love u...」。

どちらも激ヤバなのはご存知の通りなのですが、そうなんですが、You & Iの歌詞があまりにも…あまりにも、、、、、、、

 

端的に言って、これSixTONESからわたしたちへおくられたラブソングなのでは…。

もうなんか泣いちゃって全然寝れなかった。love u...もヤバいしYou & Iもウワーという感じでもうウワーーーでしかない。

 

ウワ~~という気持ちのまま、歌詞解釈のようなものをしてみます。

 

歌詞についてはこちらのツイートを参考にしました。和訳もリプライツリーに書いてくださっていますので、先に確認してからこの記事を読んだほうが良いかもしれません。

らじらーはこちら(5:20~)。公式サイトの試聴はこちら

 

続きを読む

【考察】ジャニーズアイドルとアーティスト性【SixTONES編】

改めて先日はアンケートへのご協力ありがとうございました!

今回は回答の半分以上を占めたSixTONESについて絞って書きます。

 

前編はこちら。

rspp.hatenablog.jp

 

前回宣言した通り後編を書こうと思ったのですが、まあ案の定手こずっておりまして、かなり遅くなりそうなので先にSixTONES編を書いちゃお!ということです。

SixTONES編という名前ではあるものの、本題は「アーティスト」とSixTONESです。

 

続きを読む

【開票と考察】なぜ私たちはアイドルを愛するのか【前編】

先日行った「アイドルに向き合うオタクについてのアンケート」の開票結果と考察です。回答・拡散してくださった方々、本当にありがとうございました。おかげさまでたくさんの方々に参加していただきました。

ただでさえ話が長いオタクなので本当に長いです。どうぞ時間のあるときに読んでください。今回は前編として選択回答による質問のみを扱っています。

 

続きを読む

ジャニーズJr.はトマト嫌いが多い説

ジャニーズJr.の世界を知ってから約一年、私にはずっと気になっていたことがあった。

 

なんかトマト嫌い多くね??

 

なぜそう思ったのか具体的には覚えていないのだが、おそらくHiHi Jetsのせいだと思う。多分YouTubeで話してた。

 

コロナで暇を持て余した私はたくさんブログを書いていた。書いては下書きに、書いては下書きに……。私の書くネタは割と真面目な話が多く、頭を使いすぎて疲れていたある日、妙案を思いつく。

 

もしかしてこれで一本書けるのでは?

 

ということで、人生で初めてネタ系のブログを書く。

テーマはタイトルの通り、「ジャニーズJr.はトマト嫌いが多い説」である。暇つぶしなのでゆるく雑にやっていくが予定よりかなり長くなってしまった。

お時間のある方はお付き合いください。何の役にも立たないけど。

 

 

続きを読む

13年目の「田中樹」

世界ーーー!!!!!!!2020年4月20日だぞ!!!!!!!!!!!!!!

田中樹が!!!!!アイドルになって!!!!!!丸12年経ったぞーーーー!!!!!!!!

 

ハア……ハア……ハァ……………………

 

えー、今日で自担である田中樹が芸歴丸12年を超え、13年目に突入します。

すごいね!やばいな〜。長い!

彼が事務所に入所したのが12歳、つまりもう人生の半分がジャニーズということになるわけで…。マリウス理論*1によれば田中樹・J・樹に改名出来ますね。

 

まあ私はこの1年程の彼しか知らんのであんまり滅多なことは言えないんですけど、マジで!!!!!アイドル続けてくれて!!!!!!!ありがとう!!!!!!

 

私12年間続けてることなんてないよ。Twitter以外年単位で続けてきたこととかほとんどない。最悪か?でもそんな私もSixTONESのオタクになってかれこれ1年は経過したわけです。濃密な年でした。

 

この12年間たくさん、何度も悩んだと思うけど、それでもジャニーズ事務所で働くことを選んでくれてありがとう。

これに尽きる。

今回のブログの主題もう終わったわ。

 

 

いやね、再来月に誕生日も控えているし、今回あんまり愛を伝えすぎると私と自担にとっては良くてもブログとしてはネタ被りしてしまうので、どうしたもんかなーと思っていたんですが、先日のANN初回で、なんと、田中樹が固定でANNのパーソナリティを務めることが発覚しました!!!!!!!!!!!!

 

エッマジ?こんな贅沢な話があっていいんですか????SixTONESのラジオが毎週聴けるだけでメチャメチャ嬉しいのに、しかも自担が毎週出演????みたいな気持ちになっています。

実質田中樹ANN、田中樹のオールナイトニッポン、田中樹とオールナイト………?なんか響きが怪しくなってきたな…………。

 

ということで自担についてたくさん考えてきました!!!!!!

 

全部私の妄想です。実在する人物・団体とは一切関係ありません!

いや恥ずかしいし申し訳ないので自担と関係ないということにさせてほしい。すみません。ちなみに文中の「オタク」は私の一人称です。巨大主語ではありません。

 

あくまで私にとっての「田中樹」について書いています。

 

 

続きを読む

2020年の東京にSexy Zoneがいる

2020年、東京。まだ2月なのに、既にキツいですね。

目の前がぼんやりと暗い。ちょっと前まではもう少し明るかった気がするけど、今はもう足元すらも危うい。

新型コロナウイルスの影響で数々のアイドルのコンサートや舞台が、他にもたくさんのアーティストのライブが次々と中止になっています。Sexy Zoneのツアーもどうなるかわからないのが現状でしょう。本当に悲しい。

ほかにもどうしようもないことが、辛くて悲しいことが本当に毎日あって、ただでさえ人生はしんどいのに、いまは娯楽すらも奪われていく。

ジャニーズだけ見てみてもま〜じでしんどいもんな。このエントリには関係ないので書かないけど、マジでしんどい。殺すなら本人に、ひと思いに刺してくれという気持ちになっています。

 

続きを読む

Imitationは本物になれるのか?

SixTONESのImitation Rainについての考察のようなものです。

発売からちょうど1ヶ月経ちますね。フラゲ日とデビュー日が昨日のことのように思い出されるけど、もう1ヶ月も経ったのか……。

長くなってしまったのでお時間のあるときにどうぞ。

 

まさかImitation RainのMVを一度も見たことがないのにこれを読もうという人はいないと思いますが、一応YouTube Ver.を貼っておきます。


SixTONES - Imitation Rain (Music Video) [YouTube Ver.]

いやー、サムネかっこいいですね。パッション燃え上がってる。

 

フル尺MVはImitation Rainの初回限定盤に入っています。まだ持ってないなら買いましょう。メイキングとライブ映像数曲分入って2000円しないんだから安いですよ。もう売り切れちゃったかな。MVかっこいいので初回限定盤にしか入ってないのマジでもったいない。いつかBlu-rayで復刻して欲しい(気が早い)。

 

さて、これは鑑賞は創作だと念じながら書いた思い込みの激しいあたおか考察ですので、いやそれはこじつけやん…と思っても声には出さず、お風呂の中で呟いてください。私は今から妄想を書きます。これはImitation Rainの二次創作です。いいですか?

 

ちなみに私は部活で映像やっているだけでメディア表現については何も詳しくありません。ノリでやっています。音楽についてもほぼ無知です。解釈違いもあると思いますが、まあラフに読んでください。ヤーマン🤟

 

 

続きを読む

SixTONESとの出会いと備忘録

2019年11月19日の14時すぎ、私は泣いていた。

 

SixTONESコールを経て、Overtureが流れ、眩い光の中に彼らのシルエットが揺れたとき、何故だか分からないけど涙が出てきた。しばらく泣いていたけど、気付いたら乾いていた。一瞬たりとも見逃したくなくて、涙なんかに視界を奪われたくなかったのかもしれない。 

 

ダメもとで申し込んだら奇跡的に当たった、Rough"xxxxxx"追加公演。

 

数ヶ月前の少年収で、NHKホールの一番隅からSixTONESの姿を認めたことはあったが、SixTONESのライブはこれが初めてだった。

 

結論から言うと、めちゃくちゃ良かった。最高のライブだった。この世でいちばん楽しい空間だった。そして、SixTONESというアイドルを追いたい。彼らの未来を見届けたい。」と改めて感じたし、そうしようという決意も固まった。

 

そんなわけで、ポエティックな導入でしたがこれはいわゆる沼落ちブログというやつに近い何かです。鮮度最悪のやつ。ただの備忘録です…。下書き消化です…。本当はラフスト直後に上げるつもりでした…。

 

デビュー週が終わった

SixTONESのデビュー週が終わりました。

これを書いてるときはまだ終わっていないんだけれども。vote垢RT規制かかっちゃったのでとりあえず休憩がてら。

 

この一週間、そしてずっと前から、みんな本当に頑張っていた。私も、微力ながらなんとかやってこれたと思う。

 

でも、正直マジで疲れた。

それでもCDを複数枚買ったのもMVを何度も見たのもRTしまくったのも全然後悔してない。

未来の私がもっと素敵なSixTONESを見るための投資だから。それだけの信頼がSixTONESにはある。

 

ファンとSixTONES、そしてファンとファンの距離感の話について、ぼんやりとした日記です。

誰かへの提案ではないし、私の思考整理でしかありません。

壁にボールを打つブログです。

 

続きを読む